2014年07月07日

Good Company を目指して


行動基本研修 〜 Good Company を目指して 〜
と題した研修を全社員で行いました。

思い起こせば、新入社員で入社した当時の研修で、
名刺の受け渡しからお客様への訪問マナーなどを
教えて頂いたことを思い出しました。

新人の時は、やみくもに手段を覚えることが精一杯で、
とてもその動作の意味を理解する余裕はなく、
今回の研修を受けたことで、なぜその動作をするのか。
なぜその習慣になっているのか。等に思いを巡らせ
理解を深めることが出来たことはとても有意義な
時間となりました。

また「知っている」と「できる」は別なのだと
改めて感じることができました。
基本のままにやってみて、
基本を出来るようになることで、応用まで拡がりをみせ、
その上で始めて個性ある基本行動に
ブラッシュアップ出来る。
歌舞伎の世界の「守・破・離」を例に出して
説明されていました。

少し堅苦しい感想になってしまいましたが、
研修自体は堅苦しい座学研修とは違い、
終始笑顔の連続また連続。

社員みんなのロールプレイの笑顔はとても印象的でした。



RIMG0847.JPGRIMG0896.JPG







posted by MRニュース編集室 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ミカワリコピー販売のホームページ
メールマガジンのお申込みはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。